思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』1955




1933年か1934年代頃に偶然手にした、今となっては古い著作である、ある一冊の本を読むまでは、私には啓示は訪れなかった。

その一冊とは、ローウィ(1883-1957)の『未開社会』1921 であった。

(『悲しき熱帯』第2部・6より)



Chopin Etude op.10 no.3

(第9部・37より)



.
スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 00:00:00|
  2. 世界史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モース『贈与論』1924 | ホーム | マリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』1922>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/563-7a2aa957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。