思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

譲らぬ思考

"譲れぬ思考"は、周囲の人々の思考パターンに流されないように踏ん張っている。「こんなこと考えていても何の役に立たない、もっと自分が社会参入するために思考を用いた方がよいのではないか」と悩みながら。しかしその即時的に効果がある"譲らされた思考"のパターンを見ていると、何故かわからないが、嫌悪を感じてしまうのだ。周囲を欺くと同時に、自分をも欺くと感じてしまうのである。
そこで"譲れぬ思考"にたいして新たに生じるのが"譲らぬ思考"である。"譲れぬ思考"は周囲に流されないよう踏ん張っているが、"譲らぬ思考"は、もはや周囲に流されないように構えようとは思わない。誰が何と言おうと、自らの思考を行うのだ。周囲から何か言われる際に、流されないように思うのは、自身の思考に集中した状態である。しかし"譲らぬ思考"は、その何かを言っている人の思考パターンを見つめるのである。
"譲らぬ思考"とは、ある面において"譲れぬ思考"からの発展ではあるが、一方で"譲らされた思考"の側にも用いられることでもある。それは自らが敬愛する知識を守る際になされる思考で、「他には譲らぬぞ」といった余裕の雰囲気が漂っている思考なのだ。周辺大多数には読まれることのない自身の思考パターンであるため、"譲らぬ思考"と居座っているのだ。
"譲らぬ思考"の居座りとは、「自分が何を考えようと悩む必要がない」という思いに満たされていると同時に、ある程度の"人々がなす無意識に行っている思考パターンとその社会的効果"、あるいは"自らの発する言動の人々が示すリアクション"の秘境的な心理学的知識に支えられている。その自らが抱いている秘境的な心理学的知識が人々には気付かれない、あるいは周辺他者の手には届かないという自信によって、"譲らぬ思考"が生じているのである。
"譲らされた思考"と合わさった"譲らぬ思考"とは、言い換えれば"譲らせる思考"である。"譲らされた思考"とは、本来思考があったもともとの位置を、ある社会的な知識へ譲ったものだが、その思考が譲らされたという意識の下、今度は周囲他者や自らの昔行っていた"譲れぬ思考"にたいして、今の"譲らせる思考"がドンと構えるのである。彼は自らが抱いている独特の社会観のお墨付きを得た気分にあり、過去の"譲れぬ思考"の通用しなかった思い出と共に、成長した貫禄ある自分として眺めている。"譲らされた思考"では「通用すること」が一番に優先されるべきことと解釈され、それは敬愛する社会観と密接に結び付いている。"譲らされた思考"がもともとの位置を譲った相手が、「通用すること」の社会観なのである。
本来の思考のあった位置から、思考が他の知識へその位置を譲ること、この点に人々の様々な思考パターンに分岐する要因がたくさん詰まっている。人々は知識を得ることにより思考の位置を変えてしまうことになるのだ。それを避けるには"譲れぬ思考"から"譲らぬ思考"へ移行し、「思考と知識の位置関係」を意識することにある。"譲らされた思考"は「思考と知識の位置関係」を知らないことで可能となる状態であるから、必然的に回避することができるのだ。それを意識できれば、すべての知識を知識として思考しうる状態となり、他者の思考パターンの形成過程も、ある程度は洞察できるようになる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/07(水) 23:28:14|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<賞の授与 | ホーム | 譲らされた思考>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/52-9ea34d5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。