思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

助動詞『る』『す』 ~タミル語到来説の立場から~


いつ頃のことか定かではありませんが、『着る』 『似る』『見る』『居る』などの上一段活用が形成されたことによって、おそらく助動詞『る』の行方にしても大なり小なり何らかの影響を受けたことでしょう。

しかし上一段活用が形成され始めた頃には、すでに下二段活用としての助動詞『る』が充分に出来上がっていたのでしょうか?それとも上一段活用が形成されてから下二段活用としての助動詞『る』が仕上がって行ったのでしょうか?それは日本語体系の形成過程を想定するにあたって、大変興味深い一つの事柄になりましょう。



そこで大野晋のタミル語到来説を前提に考えてみます。大野氏が対応語としてあげられている上一段活用の動詞には『見る miri』『似る ner』があって、共にラ行部分を含んでいます。ですから、もし『見る』や『似る』がタミル語に由来する動詞であったのならば、それは同時に動詞最終語尾のラ行にも外来タミル語の触発があったことになります。

そもそも今や上一段活用と呼ばれていますが、実はラ行四段活用の未然形と連用形で後付け外来ラ行の不要を意味づけた結果だったのかも知れません。つまり元々の発生から見ますと、マ行上一段活用の『見る』とナ行上一段活用『似る』などではなく、共に未然形と連用形でラ行の省略がなされた【ラ行変格・四段活用】と言った方が本来の意味に近かったかも知れないわけです。

下二段活用する古語の助動詞には『る』『す』『ゆ』がありましたが、それに対応するように『見る・見す・見ゆ』『成る・成す』があります。(下二段『見す』と四段『成す』の違いはある)その中でも『見る miri』『成る naru』『成す nattu』が大野氏のタミル語対応に該当していますので、一考に値する事柄と言えます。


さてタミル語対応語で『iる』動詞には次のものがあります。

上一段活用
『見る miri』
『成る naru』

四段活用
『切る kiri』
『知る teri』
『散る teli』

もしこれらが本当にタミル語語源であったとするならば、ちゃんと日本語において上一段活用と四段活用に振り分けたことになります。決してタミル語の文法によって振り分けられた結果とは言えませんし、だからと言って全くタミル語の文法の影響を受けずに独立的に日本語文法のみで振り分けられたとも言い切れません。ただ少なくとも後々まで引き継がれる日本語文法に合わせられた振り分けだったと判断できます。

そこで上一段活用の『見る・似る』にたいして使役を意味する『見す・似す』が対応しうる点を考えます。一般的に単純な語幹部を固定化したままで『る』と『す』の交換もしくは接続が成立する点を考えますと、そこには外来語由来の可能性が見え隠れします。たとえば漢字到来後の『留学する』や『留学させる』の表現方法は、簡単な『する』と『させる』の交換や接続で成立するのと似ています。逆にすでに土着化した日本語ですと、『起きる』と『起こす』、『逃げる』と『逃がす』、『縮む』と『縮ます』のように母音変化が伴うからです。

『見る・見す』
『似る・似す』
『成る・成す』
『倒(たふ)る・倒(たふ)す』
『渡る・渡す』
『寄る・寄す』
『乗る・乗す』
『戻る・戻す』
『返る・返す』
『宿る・宿す』
『悟る・諭す』
『借る・貸す』
『下る・下す』
『起こる・起こす』

タミル語対応語にあげられている『見る』『似る』『成る・成す』『倒(たふ)る・倒(たふ)す』『渡る』にたいしては、他にも日本語体系から派生したと思われるものもあります。特に『起こる・起こす』は、『起く』の二段化『起きる』に使役化された『起こす』が生じ、その派生語『起こる』によって成立した感じです。(『渡(わ)つ』>『渡す』>『渡る』も同様)それから『戻る・戻す』については、ひょっとしたらタミル語対応の『元 mutal』から生じた動詞かもと少々怪しまれます。


いずれにしましても、『見る・見す・見ゆ』は異例な『る・す・ゆ』の三角関係にあります。たとえば同様の観点に立った『聞く』の場合、『聞く・聞かす・聞こゆ』と語幹部を一致させた三角関係が成立していないからです。







【補足】

『見る』に受身・尊敬・可能・自発の助動詞を接続させますと『見らる』が派生しますが、それは四段活用の未然形でア段接続がなされていたように、『見る』のラ行部分がア段化されて表出された『ら』と同等とみなせます。

つまり上一段、上二段、下一段、下二段の未然形では、ラ行なきイ段もしくはエ段という活用形が採用されましたが、しかし受身・尊敬・可能・自発の助動詞と接続する際には無理に未然形において省略されていたラ行を表出せざるを得なかったためなのか、四段活用における『る』にたいして四段以外では『らる』という区別された助動詞が改めて用意された感じがします。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/08(火) 20:39:46|
  2. 新しい日本人論
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/519-01172035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。