思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イロハ歌の成立条件(2)



【いろ】はにほへと 【ちり】ぬるを

わかよたれそ つねならむ

うゐのおくやま けふ【こえ】て

あさき【ゆめ】みし ゑひもせす



祇園精舎の鐘の【こゑ】 諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の【いろ】 盛者必衰のことわりをあらはす

おごれる人も久しからず 只春の夜の【ゆめ】のごとし

たけき者も遂にはほろびぬ 偏に風の前の【ちり】に同じ





平家物語が書かれた時代、すでにイロハ歌が広まっていた時期でした。ですから『こえ』(『こゑ』)『いろ』『ゆめ』『ちり』が意図的に用いられたであろう可能性も決して完全否定しきれるものではないでしょう。時に現代意識からしますと、『祇園精舎の鐘の音』ではなく『鐘の声』となっている点に違和感を覚えたりするわけですが、それもわざわざイロハ歌に含まれていた『こえ』(『こゑ』)を用いたからであって、当時の人々も『十六』を4×4=16にちなんで『しし』と読んだのと等しく、両者に共通する仏教的な雰囲気に重ねながら楽しんでいたのかも知れません。

まあ、こんなトンデモ説を声高に叫んでみましても、所詮祇園精舎の鐘のようなものでありまして、そこは諸行無常の響きが一つ増えたことに喜びを感じるのが、まさに正しい読者と心得てください。



そんなわけでもう少し『いろは』の特殊性について考えておきますが、それは七字もしくは六字の上の句にあります。


いろ(は) にほへと

【わか】よ (た)れそ

うゐの おく【やま】

【あさ】き ゆめみし


まず一つに言えることには、句の頭はいずれも母音『いうあ』もしくは半母音『わ』となっていることがわかります。そして二つ目には、例外の一段目以外はa段の同段綴りが句頭か句尾に現れていまして、例外なる一段目ではa段『は』の単独性が確認できるでしょう。

おそらく最も開音性が高いa段の同段綴りが用いられることによって、禅宗のような不動精神の雰囲気が示唆できるのかも知れません。そして『色は匂へど』は順を追って不動精神を表して行くための序章的な位置に相当し、まず下界を意味する『色』を主語として扱い、単発a段母音『は』を付することによって最初の観察開始位置を示した形となりましょう。(修行前だから、不動精神を表す同段綴りとはならない。)



いやはや、論述の怪しさもここぞとばかりに高まってしまい、きっと非難の視線も集まっていることでしょうが、そこはもうしばらく『嘘から出るまこともある』と、少しは信じて話を続けましょう。


い【ろ】はにほへと ち【り】ぬ【る】を

わかよた【れ】そ つねな【ら】む


ご覧のとおり、イロハ歌のラ行五字は、前半の二段で全部使われております。しかも例外なく頭から二字目もしくは末尾から二字目であります。もう少し詳しく見てみますと、動詞もしくは助動詞の『ちり』『ぬる』『なら』は、いずれも同段母音の連綴りとなっています。つまり動きを観察にあたっての流音系のラ行は、時が流れる中での不動性の位置を演出しているかのようです。

そこでイロハ歌全体の特徴を思い出しておきましょう。一つにa段母音10字のうち同段連綴りにないのは『は』と『た』の二字であり、もう一つに同段母音の連綴りにないラ行は『ろ』と『れ』でありました。その例外同士が隣接して『いろは』と『たれそ』になっているわけです。

すでに単独のa段については『禅宗仏教の初心者的な途上意識』を意味づけておきましたが、そこで動詞や助動詞ではないラ行が隣接していることについても付け加えて解釈してみますと、それは不動性(a段連綴りの名詞もしくは形容詞)と流動性(ラ行同段連綴りの動詞もしくは助動詞)の中間的混在であろうと思い浮かんでまいります。






(a段10字、ラ行5字、すべて揃っていることが重要)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 23:27:16|
  2. 新しい日本人論
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/482-200cc38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。