思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

色メガネ物語 ~神様の相対性理論~




生まれた、生まれた、赤メガネをかけた猫が生まれた。

うまれた、うまれた、青いメガネをかけた子犬が生まれた。

生まれた、生まれた、黄色のメガネをかけた小ヤギが生まれた。



猫は青メガネをかけた子犬を見ながら、『にゃん』とないた。

子犬は黄色メガネをかけた小山羊を見ながら、『わん』とないた。

黄色メガネをかけた小ヤギは赤いメガネをかけた猫を見ながら、『メェ~』とないた。



生まれた、うまれた、猫と子犬と小ヤギが生まれた。

ないた、ないた、猫と子犬と小ヤギがないた。

生まれた、生まれた、黒いサングラスをかけた赤ん坊が泣いた。



ないた、ないた、赤メガネをかけた猫が黒サングラスを見て、『にゃん』とないた。

ないた、ないた、青いメガネをかけた子犬が人間を見て、『わん』とないた。

ないた、ないた、黄色いメガネをかけた子ヤギが黒サングラスに向かって、『メェ~』とないた。



黒いサングラスは赤メガネを見つけて、『猫』と名付けた。

黒いサングラスが『わん』を聞いて、『子犬』と名付けた。

そして黄色のメガネの『メェ~』を聞いた人間が『小山羊』を名付けた。



かけた、かけた、神様が僕らにメガネをかけた。

はずれない、はずれない、かけられたメガネが外れない。

見つけた、見つけた、そして外れないメガネと神様のお目目を見つけた。




【注意】黒のサングラスを通して、ご覧ください。




【付録】ない人用



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/06(月) 17:43:26|
  2. 哲学
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/479-a31fcc35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。