思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作家型と登場人物型 (3) ~イタリアとドイツのバロック音楽~




ストリングス (弦楽器) 重奏の吹き込みについてはすでに Yesterday でも試みられていたビートルズですが、イタリア・ルネサンスのような新たな個人主義生活の雰囲気の We can work it out に達してからの Eleanor Rigby によって、イタリアのヴィヴァルディとポールの作家型が結びついたものと考えます。

ところでちょっとした辞書で調べますと、英語やドイツ語の『ヴァイオリン』(violin) とはイタリア語から入ってきた単語のようです。つまり簡単に推測して、ストリングスに関してはヴィヴァルディ (1678-1741) のいたイタリアを見習っていたパッヘルベル (1653-1706) やバッハ (1685-1750) ―――共にルター派教会との関わりがあった―――たちのドイツと考えられます。

またヴァイオリンを『弾く』などの楽器演奏の動詞は、英語 play、ドイツ語 spielen、フランス語 jouer と『遊ぶ』の意味と共有使用されているようですが、しかしイタリア語の場合は『遊ぶ』giocare とは共有されず、英語で言うところの『響く』(sound) に相当する suonare が用いられるようであり、音楽演奏にたいする意識にも若干の相違が想定できそうです。(フランス語の場合、管楽器についてはイタリア語のように sonner が用いられている感じもします)

そんなことからして、ドイツの立場から見ればイタリアのストリングスに先進性が感じられていたと推測できるわけありますが、一方のドイツでは『カノン進行』と呼んでもよい有名なパッヘルベルの曲が生まれています。それはヴァイオリンと通奏低音 (イタリア語 Basso continuo) を基調したもので、言わば通奏低音がコード進行の役割を担いながら中高音部でアレンジを働かせる形式を可能としている感じであります。

まさにここに In my life の間奏がバロック調に聴こえる理由があり、勝手ながらもジョンのドイツ性と分類した一つの根拠となっています。また強弱が表現できるヴァイオリンに代わって強弱を表現しない電子オルガンであることからして、周辺に説明するためのマイ・ライフの思い出ではなく、周辺と溶け込んできたマイ・ライフの思い出確認の雰囲気となっています。

パッヘルベルのカノン
Ⅰ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅲm-Ⅳ-Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ

In my life
Ⅰ-Ⅴ-Ⅵm-Ⅰ7-Ⅳ-Ⅳm-Ⅰ-Ⅰ


もしポールが作家型のシェークスピアであるならば、登場人物型のジョンは何に相当するのだろうか?極論となりますが、『ヴェニスの商人』で言えばユダヤ人シャイロックでもヴェニス商人アントニオでも、はたまた友人バサーニオなど誰でもよく、一人の登場人物の立場から世の中を見ながら他の登場人物に訴えかける形となります。(尤も古代ギリシャの作家アイスキュロスにたいする登場人物プロメテウスが、ドイツ実存主義との関連性からして最も最適ではあります)

おおよそポールの作家型が一定の社会観の中で社会状況を示唆していくのにたいして、ジョンの登場人物型は一人一人がそれぞれの思いを抱いていること (マイ・ライフ) を追究しながら進みます。そして一定の社会観に映っていないマイ・ライフの影を示唆するのであり、どの登場人物に重ねるかはどのマイ・ライフの影をテーマにするかにかかっているわけです。


バッハ 『G線上のアリア』

Air on the G String

A whiter shade of pale


1967年、ビートルズが両A面シングル『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン』を発売した後、ジョンも絶賛することとなるイギリスのブロコル・ハルムの A whiter shade of pale がヒットしましたが、おそらくそれも一連のビートルズの流れにのったイギリスの動向結果と思われます。(なお A whiter shade of pale がアルバム『サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』より若干先の発表という形で時期が近接していることから、双方ともに直接的な影響を受けていないと思われます)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/24(金) 20:20:40|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/459-8ce1b6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。