思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『正義』と『光のどけき春』 ~いじめの構造~



バンガロー・ビルは、虎を殺した。

『俺がスタンダード』と言って、殺した。

『虎の叫び』は『ムンクの叫び』。

バンガロー・ビル御一行様は、内輪の団結によって橋を渡って行った。

The continuing story of Bungalow Bill



子連れ狼は『虎の叫び』を聞いた刺客とは言え、バンガロー・ビルと何が異なろう?

子供たちは大人たちの噂話を聞いて、こっそり自己工夫に役立てている。

『虎にはなりたくない』と、後を追って橋を渡っている。

まさに虎が倒された時、大人たちが噂を始めるより前に、説明責任を果たさせるために子供たちが揃って歌うべきであった。

All the children sing !

" What did you kill , Bungalow Bill ? "





バンガロー・ビルは身内で定めた小さき『光のどけき春』で虎を殺した。

そして子供たちの品評役よって持続させている。

見れば、子育て品評にあやかって母親たちの分断に喜ぶ集団が潜んでいる。

見れば、育児目標にあやかって父親たちの分断に喜ぶ集団が潜んでいる。

バンガロー・ビルは分断状況の中で、分断喜び集団を従えて虎が死ぬのを見せ続けたい。

そして分断喜び集団は、今日も品評役の座席作りが上手である。

Everybody's got something to hide except me and my mokey

Cry baby cry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/24(火) 20:43:22|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/447-91621429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。