思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムンクの頭に狼の耳 ~『いいかな?』質問利権の構造~




予定調和された左側二人の『いいとも!』を聞くために、『いいかな?』と質問している。

誠にムンクの叫びを知りながら、『いいとも!』の掛け声だけが通るのを願って質問している。

そしてムンクは、聞こえてくる叫びのために耳をふさいでいる。



しかし今や時の変わり目。

ムンクの頭から狼の耳が生えてくる。

もっと遠くの叫びを聞こうと生えてくる。

同じように叫びを聞いている仲間を探そうと上に向かって生えてくる。



おおかみこどもも、人間に負けずと、親の背中を見て育つ。

近所だけを聞く横耳じゃなくて、もっと遠くを聞くための耳を立てなから、おおかみこどもは育つ。

子連れ狼 (1971)



富山の薬売り。

しかし赤ズキンのために耳があるのか、それとも負傷した戦士の叫び声を探すためにあるのか、それが問題だ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/24(火) 20:41:12|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/446-0777ab68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。