思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【新学説】ポジティブ性無力感




【学習性無力感】

長期にわたってストレス回避の困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなること。



【ポジティブ性無力感】

長期にわたってポジティブ心理学からの回避が困難な環境に置かれた人は、そのポジティブ心理学から逃れようとする努力すら行わなくなること。

中には、その無力感を癒すために、他者のポジティブ性を評価をすることで自らの充実感を得ようとする場合もある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/24(火) 21:38:21|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/417-1e7ac8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。