思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知識所持の知られざる現実 ~自我論と自己論~

我々は各人さまざまの知識を持っています。たとえば学校で学んだもの、知り合いとの交流から学んだものなどと、色んな知識が蓄積されている訳です。

しかし我々はどのように知識を持っているのかを、他者に限らず自分自身についても、実はよくわかっていないのです。

それは自分が抱いているすべての知識を書き出そうとしても、あまりにも大量過ぎて書き尽くせないといった意味ではなく、また体で覚えたという書き出せない知識でもありません。我々が自分の知識の持ち方自体を知らないまま無意識に用いている点に由来する問題なのです。



たとえば我々は場面に応じて 「29 + 63 = 92」 のような足し算を行ったとします。それは 「29 + 63 = 92」 という知識を九九のような多数あるサンプル式から探し出してきたのではなく、足し算についての知識によります。

しかし実を言いますと、この【 29 + 63 = 92 】という知識か【足し算】という知識かの区別について注意が払われていない領域があるのです。

それは特に人物判断という知識に顕著に認められ、習性化された無意識の足し算という知識によって人物判断を算出していながら、その人物判断の内容のみを意識的な知識として蓄積しているのです。かの人は【 29 + 63 だから 92 である】と判断し、その【足し算】の知識が働いていることを自覚していないようなものなのです。

そうした足し算のような知識とは【解釈図式】とか【思考形態】と呼びうる知識なのであり、哲学や形而上学が扱う領域に近いものであります。

つまり一般的な人物判断とは、無意識な【解釈図式】から算出された意識的な【実証的知識】と言えます。フロイトから広まった精神医学もそんな知識の状態に留まっているにかかわらず、今や薬漬けの対応なんかで立派な仕事として守られる御職業になってしまっている訳です。



我々が知識を抱いていることを【知識所持の現実】と呼ぶことにしましょう。やや 「知識所持の現実」 の表現には奇妙な雰囲気が感じられもしますが、社会的に働きかける道具としての知識を示すために、そのように呼ぶことにしたいと思います。

さて我々は知識を所持していますが、それは手や指を動かすようなものと同じことであります。要するに、自己とは手や指を動かしているものであり、知識を利用しているものです。また指や知識は 「私のもの」 という所持品であって、私自身ではありません。

何故、こんなことが問題になるかと言いますと、【自我】という概念によって【自己】の所持品である【知識】の特質が曖昧にされてしまったからなのです。

自我心理学とはフロイトの [超自我・自我・イド] やエリクソンのアイデンティティ論に代表される理論でありますが、それらは自己と知識所持の関係に触れることなく、ただ個人内処理についての様々な状態を説明する形となっています。

そもそも 「自我」 はドイツ語 Ich (ラテン語 ego)に由来し、英語で言う単数一人称主格 I の意味であります。そのため自己と知識所持の関係は問題外とされてしまい、二人称 you 、三人称 he she などが集まった中での一人称 I であり、そうして一個人としてまとめて解釈することによって知識所持の現実を曖昧にさせる理論に仕上がっている訳なのです。

一方 「自己」 とは英語 self であります。私自身の意味で myself とも言いますから、意識的 I から所有されている無意識の自己を意味していると言えるでしょう。

「自我」 は個人内の自己と知識所持ではなく、【社会的に見て見られる個人個人の対応】が主題とされる傾向にあり、「自己」 は【意識もしくは知識を操っている無意識の存在】が主題とされる傾向にあります。



特にフロイトの自我論で問題な点をあげておくならば、それは 「超自我」 の概念です。 全く 「イド」 に力の発動源を設けながら、「超自我」 の側にも力の発動源を設けた形なのです。

しかし実際は、超自我とはカントが言った実践理性なようなものであり、理性の側には全く力はなく、理性を道具としている自己の側に力があるのです。

決して鏡に映る化粧のノリがいい自分を見て気分が軽やかになったり、逆に化粧のノリが悪く気分が重くなったりするのは、鏡の力ではありません。つまり鏡を参照にした自己の反応であるのと同じく、「理性」 を参照にした 「イド」 が反応しているに過ぎないのであって、「超自我」 が 「イド」 を制御した訳ではありません。

全く 「自我」 の概念は、自己と知識所持の関係を曖昧にさせながら個人を解釈して来たのです。そして 「自分の人生のための知識利用」 と、何やら暗黙的に自己工夫のための知識へと限定させながら、人々の知識所持によって生じる社会的現実の解明を阻止する働きをしてきたのです。

全く教育者たちが好んできた 「自我の発達」 とは、社会的衝突を回避できる自己工夫知識の発達のことであり、当の自我発達論は教育者たちの自己工夫に役立つ理論だった訳です。



そんな訳で現在の精神医療の状況を見れば、その心理学的な理論内容などは知れたもので、むしろ心理学理論の社会的影響を公表し始めた方がずっと精神医療の発展に貢献する状態に達しているのであります。

しかし資格認定する上層部とは、従来の原発推進派と似た人々なので、よほど困った事態が大多数に知れ渡るまでは、今までどおり学識専門家面で自分の人生を逃げ切ることにしか頭を使わないことでしょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/02(金) 06:46:07|
  2. 心理学の社会学
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/379-4152a721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。