思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本公共性革命となるか? ~自由意識から公共意識への道~

フジテレビの 「放映の自由」、「ごり押しの自由」、「サブリミナルの自由」、「意図的に放映しない自由」、「抗議を受け付けない自由」 などの雰囲気が醸し出されたためなのだろうか、抗議デモの勢力も規模のほどは定かでないが生じてきたようだ。まさに 「嫌なら見るな!」、「嫌ならば見なければいいじゃん?」 的な自由意識満載の勢力にたいして、公共意識を主張する勢力が現れた形だ。

へ・へ・へ、彼らの発言って何だか振り込み詐欺にたいしても、「嫌なら振り込むな」 って言うような感じなんだよね。つまり騙されやすい人々を狙う利権を奪われたくない詐欺集団が、その詐欺を見抜く人々へ圧力を加えることに一生懸命だって言うことね。漫才ブームでは伝統的な詐欺状況を暴露してくれたビートたけしも、何やら最近では自分の所属する詐欺利権を守る側に回りましたとさ。(つぅ~か、何だか 「冗談がわからねぇ~奴」 って言われそう。だからオレも冗談と詐欺の使い分け、頑張る。)



赤信号、みんなで渡れば恐くない

く・く・く…… テレビ業界に期待された赤信号役の天才たけし君にたいして、抗議デモ側はみんなで力を合わせて渡りましょう。実際のところ、その赤信号とやらも公に認められた赤信号ではなくて、言論の自由のもと、言っておかなければ損といった発言に過ぎないようですよ。

もし日本をよくしたいのならば、自然の環境問題に限らず、文化的な環境問題にも注目する意味も含めて、公共性を偽装しながら赤信号発信の自由で論評している方々へ、ズーム・イン!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/17(水) 06:23:46|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/343-056cceee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。