思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わがままな高き公共意識 ~ローラの輝き~

ローラには何か彼女に独特な人に知られない公共意識が感じられる。まるで森泉のちょいズル性とスザンヌの短絡思考の操りが合わさった感じだ。ローラの空間意識って、まれに見るほどに広そう。あの早口は、見られてはいけない高き公共意識のためだろう。もし男だったなら、絶対立派なちょい悪オヤジになっていたと思う。

ローラはボッティチェリがわかる、反モナ・リザ主義が眩しい女と見た。そしてペコちゃんは、美術評論家の横で舌を出す。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/01(月) 20:32:01|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/332-5c9ea1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。