思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小悪魔のつぶ囁き ~芥川龍之介へ捧ぐ~

幸せとは、まだ真実が降りかからぬ時までの、人並みである。

感謝上手とは、感謝知らずの者がいることの忘却で出来ている。また笑顔上手とは、笑顔知らずがいることにたいしての感謝知らずで出来ている。

おおよそ笑顔上手な人とは、不機嫌上手もしくは激怒上手を持ち合わせているゆえに成立している。

白々しさを続ける者は、やがて本音を自分と思い込むようになる。

成功哲学は、その流通で成功し、次の成功哲学に持ち去られる。

ひとり見つけた職人技は、隠し続けるに従い、自他双方の恩知らずを発見する。

何かを学んでいると思っている間は、結局は現在の自分の自己宣伝だけである。実際、その自己宣伝に旨味を見つけた者は、積極的に学んでいることを説明したがる。

人を褒めるふりをしながら、褒めている自分を持ち上げることは楽しい。しかし人を褒めるふりをしながら、真実を伝える緊張感には及ばない。

政治家には国民目線が欠けているが、国民には政治家目線が欠けている。そして国民目線と政治家目線に長けた者の出番は、双方の目線欠如の大合戦で奪われる。

時に名言と呼ばれるものからは、何か学べるものがある。しかし名言は我々から何も学ばないばかりか、名言自体が引き立つよう我々を利用する。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/05(火) 09:39:23|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テレビ局分類論 ~組織体質と個人素質~ | ホーム | 思想的自伝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/305-58b23f2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。