思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思考形態の世界史




我々は世界史の知識を大なり小なり人それぞれ抱いている。しかし世界史的知識を抱いているという現実自体が、実は実際の世界史的事実に含まれているにもかかわらず、互いにそれに触れず生活しているのだ。

つまりプライベートな知識所有の実態に触れず、もはや伝統的なパブリック的教育の場に限定された知識検定の道具として、自らの知識を歴史の外に置きながら歴史を解釈する態度が身に付いた。それはまるで 「アキレスと亀」 のような自身の知識に流れている時間を知らないで、知識内で歴史をいじくり回すのとよく似ている。


そんな世界史的知識状況にたいして、ヴィーコの 「新しい学」 で、ようやく言語は歴史を説明するための道具に限らず、言語の使用自体が歴史的現実だったとして考察されるようになった。

ただし、まだまだヴィーコの場合は、歴史的現実を検証するためだけに言語の歴史を考察するに留まっていた感があり、各人の言語使用による社会的状態の恒常化という、歴史的に様々に点在する各時代各地域についての社会学的観点が弱かった。それを補い始めたのが、一つにウェーバーのプロテスタンティズムの倫理による資本主義社会の恒常化に認められる考察方法である。

やがてウェーバーが宗教社会学を目指すようになったのも、プロテスタンティズムの倫理からの全般的な世界史への拡張であろう。ここでは西欧のみを中心に扱った訳だが、一応ウェーバーの包括的世界史も念頭に置いた方法と理解していただきたい。

その代わり、知識所持の現実(知識とは必ず人間によって抱かれている)について、ウェーバーよりは、【互いに評価し合いながら進行する所属集団内の状態恒常化や変化推移の因果的連続性】を示唆できたと思う。つまりプロテスタンティズムの倫理とは集団内の互いに評価し合う評価尺度の変化であり、それが新たな資本主義へ変化した訳である。ウェーバーは経済倫理と宗教の関係に集中していた感じだが、ここではもっと広い互いに評価し合う【評価尺度】の理念的歴史へと広げ、特に古代ギリシャの【知の評価尺度】と古代ローマの【公共性の評価尺度】で比較検討を試みることになった。

現代社会の流布しているたいていの心理学や社会学とは、自らの方法や理論が歴史的に限られているにもかかわらず、その自らが人々によって評価され評価している現実には触れない理論ばかりである。そうした非公開な理論の流通実態を自覚させる意味で、ここに新しい知識歴史学が始められたのである。




ヴィーコの理念史
IN IN


ギリシャ思考形態
IN IN


ラテン思考形態
IN


旧約聖書
IN IN IN IN IN IN


ヘブライ思考とギリシャ思考
IN


ローマ帝国滅亡論
IN


ローマ帝国とキリスト教
IN


ルネサンスとキリスト教
IN


三位一体説と理神論
IN


ギリシャ語とラテン語
IN


イギリス自由観とフランス自由観
IN IN IN IN


フランス啓蒙主義とドイツ歴史学
IN


知識論的解釈
IN


カントからマルクス
IN


「発展」 と 「変化」
IN


フランス機能主義とドイツ実存主義
IN


国民性の歴史学的分類
IN


汎神論的歴史観
IN


世界史の中の明治維新
IN



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2020/01/01(水) 23:42:45|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神様は ひとりぼっち | ホーム | 心理学が人々を選別してきた歴史 ~心理学者たちの麻薬散布が世の中をダメにした~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/285-deb3df8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。