思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ながめせしま の このせかい ~気になる心のねずみ男~

花の色は うつりにけりな いたづらに

わが身世にふる ながめせしまに



さてはて小野小町、気持ちのほどはいかほどに。

そは知らぬ間に歳をとってしまった儚き美か、それとも我が暮らす近所を包むは、広大なる世界の同時進行か。

我が見る風景のみが世界にあらずして、我が見ぬ間に消えるものもあり。さらば、我が身も人の見ぬ間に散るも、ことのほかにあらずや。



美空ひばりの 「お祭りマンボ」 を聞きながら、いと惜しみなく囲い込み根回しを讃える歌。



原発や うら整えし こっそりと

人うっかりと 踊りせし間に



やれやれ、根回し囲い込み闘争に明け暮れてきたツケが日本全国に回ってきた。政治家も根回し囲い込みで自分を守らなければならないから、この有り様だって人々も気付かないのだろうか。まあ、それぞれの根回し囲い込み集団内で政治談義できることこそ、我々にとって大事だって言うことだ。

とかく預言者は郷里では歓迎されない。

歓迎されたいのならば、薄ら笑いのナンチャッテ・スタイルが義務です。さまなくば自分に似合う囲い込み根回し集団からは抜け出さないのが賢明でしょう。人は自分が困るまでは考え始めず、自らの常識化効果を頼りにするものです。



私に見えなかったあなたの見ていた風景。それが私にはわかっても、あなたに見えなかった私が見ていた風景がわかることはないでしょう。神様がめくる、この世のパラパラ漫画がわかるまでは……

これからも危機知らずの笑顔や不機嫌と頑張りたちに、それとなく合わせて行くしか手立てがありませんから、せいぜい幸せな人々を見守ることに都合よく幸せを感じるのが丁度よさそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/16(月) 17:03:58|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ローマ帝国とキリスト教 ~試練と統治と勇敢の世界観~ | ホーム | ギリシャ語とラテン語 ~言語と思考~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/282-0ffaf44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。