思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

物理的空間と数学的空間 ~存在と思考~

アインシュタインの相対性理論とは、【実空間についての物理学的領域】と【人間理性の中で整合性が保たれる数学的領域】の区別が充分に自覚された上で生じた帰結である。その相対性理論の物理学上の現在における専門家レベルの詳しい内容的妥当性については、私にはよくわからない。しかし物理学的領域と数学的領域の吟味から引き出されたであろうアインシュタインの方法については、彼以前の物理学的思考とは異なった新たな視座をに立脚したものして、その物理学理論の妥当性を度外視しながらも正当に吟味しておくことが必要となる。特に日本のようなキリスト教的な一神教的思考に馴れていない文化圏では、アインシュタインの相対性理論の吟味から日常的な文化で馴らされている思考形態の問題点を認識するのに大いに役立つ視座が得られるだろう。



一般相対性理論の信憑性が大きな議論へと向かわせた歴史的事件の一つとは、1919年の皆既日食においてなされた、星位の太陽重力による曲がりの観測がある。それはニュートン力学による推定値よりもアインシュタインの一般相対性論から導かれる推定値の方に有利な実証結果が現れたことによる。繰り返すとおり、ここでは一般相対性理論の信憑性の是非が問題なのではなく、一般相対性理論が専門家たちによってそれなりの吟味に値するものと認められたことを漠然と信用しながら、その一般相対性理論の理論モデルが従来の理論モデルと比較されるようになったことの双方の理論モデルの相違が問題となる。

ニュートンからの推測とアインシュタインからの推測のちがいとは、簡単に言ってしまえば、空間の彎曲にあった。特に"重力場における自由落下"と"無重力場の状態"についての等価性原理がものを言う。太陽付近の重力場における光の曲がりとは、一般相対論では直線なのだ。たとえば自分が光に乗ったと想定するならば、【太陽付近を通過する際、自分が重力によって引っ張られているとは感じないまま、何の変化も感じることもなく、ただ直線運動を続けているように感じる】のである。太陽付近の曲がりとは、ただ外側から見た空間の曲がり(無重力の空間と比べて)に過ぎないのであり、光自体が感じる曲がりではないと考えられているのである。

つまり【光は直線運動の象徴】であり、空間を曲げる重力場の広がりから、地球の球状的表面のような閉じた空間モデルが想定しうるのである。(簡単に言えば、光が通過しうる場所が空間で、通過しえないところは空間ではない) 我々が前方に発した光は、やがて自分の背中に届くのであり、よくよく前方を目を凝らして見れば、何やら自分の背中が見えるようなものだろう。

なるほど二次元の地球の表面の場合は、それを包む三次元空間の広がりからその外観を確認できる。しかし一般相対論はそうした三次元空間からの二次元表面の観察を必要としない。つまり厳密には 「重力場における空間の曲がり」 なのではない。「曲がり」 とは、一次元高い三次元空間から見た二次元表面の曲がりのようなものであるが、存在論的二次元表面からすれば、三次元空間とは存在論的に見て全く意味がない広がりなのである。つまり 「曲がり」 とは、頭の中で勝手に存在論的に関係がない一次元高い三次元空間が想定されることによって、無重力の均一直線らしきものが基準線として設定されるようになり、その空想的な三次元の基準直線と比べて二次元表面に相当する重力場の空間が計られた結果とも言えるものであろう。



さて我々が学んだ初等幾何学を思い出してみれば、それは無限な直線であるX軸、Y軸、Z軸で空間を描いていた。そして我々はニュートン力学を学んだりする訳なのだが、実証的に検証される物理学の領域については、運動や力と時間的に変化する事柄のみに馴らされ、空間についての物理学的吟味については触れられなかったのである。我々が学んだ初等幾何学とは極めて数学的領域に限定されたものであったのだが、それをずっと物理学的な存在論的領域に属するものとして考えて来たのであって、ようやく一般相対論によって自覚されるようになった訳である。

では次に 「真空」 について考えて見よう。我々は外部から空気を吸引排出した真空状態の容器内部を想像することができ、その内部には物が何も存在しない、ただ空間のみがあるかのようなイメージを持つことができる。その結果、初等幾何学に合わさった無限大な空間の中で、様々な物体が配置され移動していると考える世界観を無意識にも抱くようになる訳である。

しかし一般相対論の場合は、空間形態と物質形態(重力を持つ物)の相互関係を問題としたようなものなのだ。素朴な世界観では【空間内にある物質】だったのが、一般相対論で【空間と物質の競演】になった訳である。あの真空容器のように、はじめに用意された空間の中に物質が置かれたのではなく、はじめに空間と物質が同時に創られたと想定する必要を見いだしたのが、まさに一般相対論と言える。おそらく (一次元落として考えて) 三次元なき二次元的表面を存在論的モデルと構築し始めることが出来たのは、神が創造したのは物質のみに限らず、空間をも同時に創造したであろうとイメージされた結果だと思われる。

実際のところ、キリスト教文化圏では、旧約聖書の創世記冒頭、「はじめに神は天と地を創造した」 がそれを保証する。しかし日本の日本書紀では、「故天先成而地後定」 と先に天、後に地が定まってから、遅れること天地の中で神が誕生している。つまり旧約聖書では物質や空間など存在するものすべてが神によって作られてたと考えうる見方にあるのだが、日本書紀でははじめに漠然と存在していた空間の中で神が誕生した形に留まっているのだ。

一神教の創世イメージとは遠く隔たっている日本書紀の世界観では、空間が神によって創造されたことの世界観はかなり生じにくい形となっている。そのため日本的世界観をそのまま維持するならば、一般相対論の世界的評価から聞きつけて、新たな物理学の見識として空間の曲がりを認識するのが限界であって、その空間の曲がりを構築するに至るまでの一神教的存在論までには遠く理解は及ばないのである。旧約聖書が神によって創造された空間であるのにたいして、日本書紀は自然にある空間である。



本題としたい点とは、一般相対性理論を物理学領域の発展に限定して解釈することと、アインシュタインが描いていた世界観イメージを含めて解釈することには大きなちがいがあることである。アインシュタインは旧約聖書の空間の神による創造をさらにスピノザの汎神論的世界観にまで広げて理解していたと思われる。あらゆる存在している事柄とは、すでに神によって用意されたものと前提し、その現実理解するための素地は人間の自然的な個人的思考に用意しているとは限らず、むしろ人間の自然的思考自体があらゆる存在と等しく思索されなければならない研究対象(たとえばカントやマッハの哲学)と考えられていたのだ。

相対性理論とは単に物理学の発展に貢献しただけではない。あらゆる学問における既存理論の改革方針を示すことに寄与するものなのだ。特にカントの純粋理性批判とスピノザの汎神論に基礎づけられた解釈図式のような、アインシュタインの抱いていたであろう世界観を理解する必要があろう。

一つに【存在を最初に神が創造したもの】とする汎神論である。それはキリスト教のような後から神が下す審判を必要としない理神論でもある。二つ目に【人間の思考形態自体もその神が用意した人間という素材によること】だ。心理学や社会学の理論について、その存在論的信憑性が議論されたりするが、一体誰によって議論吟味されているかが問題である。現在浸透している大半の心理学や社会学などは、ニュートン力学の段階に過ぎない。特に心理学については"環境に囲まれた個人個人の相互作用"について考える余地が放置されままである。いや、それは放置と言うよりかは、むしろ現行専門領域の利権確保のために改革派を排除する囲い込み体制が作られているのだ。


【一体、誰がとぼけているのか? ~囲い込みと排除の知識社会学~ 】

心理学や社会学の理論とは、ある集団内の褒め合いを見せることによって専門家の箔付けを広く浸透させているのであり、特に今日においてはテレビメディアのお招きとお呼ばれの御用達関係が幅を利かせていると言える。

たとえば津波による原発問題を考え見てもよい。万が一の場合の冷却装置における電源確保の必要性について不備あったと見なされている災害後の現在なのだが、災害以前に問題提議をしようとしていた人々は、とぼけた囲い込み専門家たちによって排除されていたであろうと、詳しい事情はよくわからないがそう言ってよい。

全くオレオレ詐欺やら、あるいは大震災後にも色々と詐欺の工夫をこらしている人々がいる噂を聞けば、もっと人々の役に立つことの方に頭を使ってもらいたいように思うが、しかし阿呆な専門家の囲い込み集団たちはお仲間のおとぼけ利権の守衛に忙しく、卓越した未来の危険性についての提案者を平気で排除して来たのだから、詐欺集団ばかりを責める訳にもいかないことになる。

つまり現行専門家たちの危険性シミュレーションができない囲い込み体制の不備を知った少数派は、その社会状況の改革に悩み苦心する。しかし人々はその少数改革派が何を悩んでいるのか、不思議そうな顔をしてながめ、気難しい人と噂をしたり、「前向き、前向き」 と励ましたりするに留まる。逆に言えば、人々に認められない危険性シミュレーションの出来る人間は、囲い込み専門家集団にも一般的な脳天気な人々にも相手にされない真実を知っているのである。その能力を拾いあげる社会でないために落ちこぼれてしまう人々も生じ、そのため仕方なく自分の生活確保に迫られてか、詐欺ということの方に頭を使うようになるとも言えるのだ。

さらに過激に表現しておけば、脳天気な欲張りや自己保身の人々に狙いを付けて詐欺をはたらくのも、自分の危険性シミュレーション能力が排除されることを他人事のように眺めていたことへの復讐であり、その彼らの脳天気ゆえに得られた利権体制にたいして、訴え場所がない自己努力による損害賠償請求かのようになされている詐欺だと言える。騙される人々とは自身が排除されないことの自己保身しか考えていないので、社会的な囲い込み体制を演出する詐欺集団であり、詐欺集団は自身を排除してきた一般社会の囲い込み体制を模倣しているのである。

要するに、どいつもこいつもろくな人物評価ができない癖に、人物評価という会話を楽しむことだけは一人前で、むしろ人々が楽しんでいる人物評価にたいして上手に対応することだけに各個人個人が工夫をこらしているに過ぎず、人物評価が出来る人々が抜擢されるのではなく、人々が下す人物評価に対応できる人々が抜擢されているのだ。つまり心理学も同様で、心理をよくあらわした心理学が抜擢されるのではなく、人々が会話するのに役立つ心理学が抜擢されている訳である。

極論を申せば、人物評価が出来る人々を認められない社会状況が、詐欺集団を作っていると言える。無難な大して中味のない慣用句を笑顔で繰り広げ、自身の隠し持つ言葉の社会的効果の知識に卓越した人々が君臨し、そして問題点を後世に残しながら自分だけは人生を逃げ切ろうとするのは、詐欺集団とともに一般社会体制にも当てはまる特徴である。

ただ残念なのは、詐欺集団も一般的な人々と同じく人物評価に振り回されている人々で、人物評価発信についての隠し持ち知識に自尊心を抱いている人々の視線に気付いていない。



ホンマ、いい加減に人物評価が社会に与えている影響についての心理学や社会学とやらを、出来るだけ早めに進めてくださいね。囲い込み専門家のみなさん!



それにしても、あいつが放つ品定めベクトルって、何か、ちまたの空気をこっそり大量生産していく香りがする……



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/19(火) 18:42:39|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャンディーズ論 ~70年代の社会観~ | ホーム | もしあなたが天才であったならば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/271-01e99dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。