思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急地震報道から通常化への移行

コマーシャルなしの緊急地震報道から、通常番組化への移行状況について興味を持って見つめてみました。民放中央四局の中で先頭を切っていたのはTBSと私はみましたが、TBSさんを含めて他局状況を観察していた他の三局の裏方さんの御意見を、是非お聞きしたいものです。

13日の日曜日になってからの二時間ほどに見られた、TBSの回転式天気予報マークの出現、震災時ビデオへのナレーション挿入が初期段階と感じました。実際、多くの方が眠りについた段階に様子見をしたというか、沈静化雰囲気の顔見せという、回転式天気予報マークの決断には、多少なりの勇気がいたことだったと思えましたし、他の三局もその状況を見守っていたと思います。

日本テレビ、NHKも3時前には、通常ニュース番組のような匿名的ニュース読みにのせた映像放映になっていました。比べること、フジテレビとテレビ朝日の場合は、3時の時点ではまだ通常化放送へ進める匿名ナレーションの段階にはなかったようであり、それぞれのテレビ局の報道姿勢を考察する参考資料として、ここに記しておきたいと思います。



きっと 「~でした」 の【匿名ナレーション】が過去の記憶化整理となり、【天気予報】が明日へ向かう各個人個人の未来イメージ化が、我々の常識的な日常意識を支えていたんだと勉強させられました。

民放四局の報道姿勢



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/13(日) 03:09:07|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<災害意識と日常意識 | ホーム | ムンクの叫び ~社会の見方~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/250-79284792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。