思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トヨタ・バッシングだったの? ~空気の読み書き~

昨年のアメリカが起きたトヨタ・バッシングとは、単なるアメリカの国内GM再生のための戦略なんかと思っていたが、どうやら日本側の意識に特有な、現地アメリカ国民意識について疎かったリコール対応の遅さにも要因があったらしい。

はっ・はっ・はっ!

なるほどね。日本国内では 「KY」(空気読めねぇ奴) というレッテル貼りとかで互いを叩き合う空気読み合戦に忙しく、そのため空気自体の内容吟味には頭が働かず、外国の空気読みについても関心が向くことさえない文化かもな。韓国サムスンは現地意識調査、つまり空気調査に励んだ訳だが、日本はガラパゴス自尊心で匿名大衆への空気読ませ宣伝計画にばかりに懸命になっている、そんな少数者が仕切っているお国であるから仕方がない。

実際は、互いにどうやって【空気を書いているか】について監視できるようにならなければ、いつまで経ってもどうしようもないようだね。全くしばらくは改善される見込みさえなく、誰がどうやって空気を書いているかについてもわからないままであろうから、今日も空気の読み合戦で互いを評価し合うことに力を注ぐ日本なんだろう。空気の書かれている様子に全くの無知で、自身の空気読みに自尊心を持とうとしているお馬鹿たちがたくさんいるから、外国の空気読みにも、進むことがない日本なのである。まあアメリカの日本叩きを知るには、日本自体の空気読ませという空気が蔓延していることに気付く必要があると言うことね。

へ・へ・へ、この日本の空気がどのように書かれているかを知る者は、重宝されるどころか逆に空気読み評価によって叩かれる危険性があるから、海外へ進展先を求めるか、身を潜めるしかないでしょう。



隊長! 以上が現代日本における空気の調査結果であります!

ここだけの話ですが、やはり自己啓発的心理学者とは、自身の空気書きと他者への空気読ませという、たとえば麻薬密売による自利益しか考えない、そんな売国奴であります。みなさんは空気の読み書き、つまり読むばかりではなく、空気の書き手がどんな方々かをちゃんと見極めるよう、それぞれ各人の持ち場にて、よろしゅう願います。

しかしトヨタ・バッシングを曲解した自説披露になっちまったのかな?

まあ~、いいか。



それより、今日の合同告白式みたいなバレンタインデー、どうだった?(つぅ~か、人脈マーキングの日って感じ?)何かそれぞれの心理の読み合い合戦が見どころだね。わざわざバレンタインデーという行事化による期待の探り合いだなんて、結局は毎年やってくる話題作りの社会的階層化の方が大事なような気がしてしょうがないな。つまり普段の生活における何気ない下心の探り合いを見下すような、行事利用した空気作りの計画をしているメディア集団の存在に気付かない、そんな人々のミーハー性(もう死語?)が凄い。

全くミーハーと常人の人数分布やその力関係を見ていると、ミーハーの図々しさや逞しさは素晴らしい。いやはや、そんなミーハー勢力によって常人の側にも華麗な対応を求められるようになり、広くミーハーの側を中心として楽しげな会話ネタとして騒がれてゆくのだ。そんなミーハーによって広げられた話題状況の確立された中で、今度は妙な会話上手の達人が狙い済まして来るのだろう。

まあ~、贈る側ももらう側も、贈れない人ももらえない人も、それぞれの心理を覗いたら、さまざまな笑顔の分類に役立てよ!すれば、タモリ、明石家さんま、中居正広、ロンブー淳などの笑いベクトルが人々とは異なっているのがわかるだろう。またその相違について人々が気付いていないのがわかるだろうし、人々がわかっていないから生じる笑顔であることもわかるだろう。今や面白いから笑う時代ではない。自身の安全地帯を確保するために笑い、そして確保できるから笑うのである。

まさにバレンタインデーとは、新たな心理の覗き合いやその話題性と会話性などにより、新たな人間観や社会観の発展とその多様なる分布を促進させるのに貢献した。全く 「人のため」 と宣伝しているが、実際は 「ミーハーのため」(ミーハーも人だけど) であり、常人の会話に乗り遅れまいとする追従を期待していたのである。きっと私に下される次の指令とは、「バレンタイン空気を書く者と読む者の社会的分布図を作成せよ!」 であろう。恋愛の達人とは恋愛に詳しい者なのではない。恋愛論にたいする人々のリアクションに詳しい者なのである。各大学出身の心理学者たちも、早く彼らに追いつきなさい。また精神科医さんも精神病患者と名付けられた人々ばかり観察していても、彼らのことが理解できる訳ではありませんよ。日々の人々の暮らしにも関心を持って下さいね。それともあなたにとって精神病患者以外の人々とは、ただ自身を精神科医と見て下さるだけの人物なのかも知れませんね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/14(月) 18:53:13|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 「世界の名著」 ~文化論的読み方~ | ホーム | 紙ウサギ・ロペ 実写版 ~コリコリ顔の時代~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/237-a6e30ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。