思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Happy Xmas ~遠くを見なければ近くはわからない 近くを見なければ遠くも見えない~

もう今年もクリスマスかぁ~。 まあ~、おいらにとっては、周囲のクリスマス雰囲気は、小さい時から何か馴染まないんだよな。そんな訳で、せいぜい違和感を感じ合う者同士の奇妙な思い出が残されていくちゅう~もんさ。やっぱりおいらの場合は、JOHN LENNON の Happy Christmas あたりが、生きてきた中では一番馴染む曲だな。全体社会とそれぞれの近隣生活の関わり合いに寛大さが試される、そんな行事って言ったところなんだろう。



しかし話は代わるが、本物のサンタさんも、なかなかやる憎い奴だな。だって、そうだろう? 仮に本物がいると人々に悟られてしまったなら、マスコミ連中も秘密を暴こうと大変な事態になるもんだから、ちゃんと人々にサンタの扮装をさせておいて、抜かりなく自分の活動をこなしているんだからね。



ホンマ、ここだけの話なんだが、子供騙しと思い込ませておいて、本物のサンタさんは活動する。

いいかい、よい子のみんな? ここしばらくだけでも、日頃の悪巧みは一切やめて、いい子にして待っているんだぜ!

しかしあらかじめ強く注意しておくが、もし自分のところにプレゼントが届かなかった場合、決して恨んだり、しょぼくれたりする場面ではなさそうだぞ。それは、今年のサンタさんがどの子にプレゼントを届けたのかをそっと思う、そんなサンタさん自身も色々考えた末に作り上げた時間だ!

さてみんなは、今年のクリスマス、一体誰と暗闇の炎を囲むのかな? それが終わったら、その囲いを頼りに、外の暗闇の炎へと歩き出すことを期待したいな。

Happy Christmas



神様からの伝言

おばあちゃんは、おばあちゃんが見たなりの遠くを、近くの孫娘に少し残しておくのが、一つの仕事なのであります。いつの日か、あなたの母親があなたの娘に同じ仕事をしている場面を、あなたは見るかも知れません。あるいは歳をとり孫娘が生まれ、同じことをしている自分に、ふと気付く時が訪れるのかも知れません。おそらくそれは、神様が人々の死と誕生の中に、そっと暗号を散りばめておいたからだと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/22(水) 00:07:21|
  2. 聖書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その他のみなさん | ホーム | 連立方程式 と 社会観イメージ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/210-cbbbf0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。