思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビートたけし論

ビートたけし様、柿の皮を剥いてかじる姿、なかなか絵になっていましたよ。しかし、何なんだろうなぁ~? あのテレビタックルの 三宅久之的な、チョコンと前に手を合わせた長老表明的スタイルを御真似になさるとは。まあ~、絵になる長老意識が北野武で、長老スタイルの計画意識がビートたけしと言ったところですかね。実際のところ大多数は阿呆だから古い長老意識を評価出来ないし、被り物的な長老計画も生きていくためには大切なのでしょう。

ビートたけしは所詮、水戸黄門を残した天才ですね。そう、ウッカリ八兵衛を茶化すチャッカリ八兵衛のようなもので、殿と呼ぶ身内を必要とする黄門様である。阿川佐和子と江口ともみが、当たり障りのない恐縮を与え、肝心の恐縮を隠してくれるのだから、お互いに恩を仇で返すことができない人脈なんでしょうね。おいらの場合は、彼女らよりも赤江珠緒の方に未来を感じます。

まあ~、北野武のことはよく知りませんが、結局ビートたけしについて言えば、現実観を通して独立自尊を見ることはせず、独立自尊を通して現実観を組み立てるのが限界ですね。お金を薬に喩えたのが、その証拠かな? お金を個人個人に振り分けられたものと解釈なさって番組の締めたあたりは、ある意味で笑えましたよ。

おいらならば、お金を投票用紙にたとえるかな。たとえば金を貸すのは、その人物への投票ですかね? 知らん顔して返さないのならば、次から投票しない権利を獲得できるし、人物調査のための必要経費っていうもんだね。信用させながら借りる額を引き上げていく奴らもいるから、人生楽しいね。

また偽装銘柄も、消費者の投票を計算した戦略と言えるかもね。それが見つかると消費者は投票しなくなる訳で、 エコ商品の選択についてはエコへの投票を意味することになるのかな。そして金に困った泥棒さんは、投票されなくなった者による投票用紙の略奪である。

あと大企業の海外流出を心配して税金軽減を説くコメンテーターがいますが、それは海外の安い労働力の購買ではなく、安い労働力への投票なんだよね。日本の高い労働力への投票をやめて、安い労働力へと投票先を変えたと言えます。どちらの労働力も独立自尊で精一杯ですから安い方がよいのでしょう。積極的に投票をしてくれる人々がいないのならば、単純な経済学で選択する大企業なのです。我々の消費者的立場とは、商品選択の購買者ではなくて、意図的であれ無自覚であれ理念選択する投票者なのだ。80年代のニューアカに合わせて言ってみれば、ボードリヤールの 「記号の消費」 であり、ただ記号を購買するのではなく、記号発信元への投票を意味するのである。

このように考えてみれば、テレビタックルの出演料とは、ある勢力からのレギュラー出演者への投票である。そしてその出演料の使い道が彼らの投票である。別に金なんかは自分を活かすためのものではない。せいぜい自身に投票してもらうための、自身の行う投票計画と言ったものが、自分を活かす金の使い方だろう。自分を活かす金の使い方なんていう表現を宣伝するのは、自らが人々の金を使い方を評価する立場につくための一つの戦略なんだよね。全くお金を薬に喩えたのは、実際の金の"社会的流れ"の秘密には触れられたくないために、"個々人の金の使い方"へ関心を限定させておきたい結果に思える。まあ~、そうした発言をすることによって、次の投票(仕事依頼)を獲得できる仕組みになっているから仕方ないですね。

金の大判振る舞いで自身の箔付けも結構だが、その金の流れについての卓越した知識の公表にはケチくさいですね、大物芸能人は。一方の0円生活者は投票されることを避け、投票することも避けたと喩えられるかも知れません。

柿の皮を剥きかじる姿は絵になりますが、0円生活と等しく投票されることはなさそうですね。その阿呆な投票者を頼りにしなければならないから、テレビタックルような方法もありかもね。まあこれからもテレビタックルの投票状況は問題視されることなく、政治選挙の投票状況のみが話題となるのでしょう。政治家の中には支持集めのために出演に意気込んでいるようですが、テレビタックルが何へ投票しているか当事者を含めて誰も気付いていないのでしょうか……



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/21(木) 23:31:54|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チャッカリ視線に囲まれて | ホーム | かぐや姫の背中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/187-bd45ff9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。