思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本のお馬鹿な評論家たち

今回の日本の中国にたいする対応について、ほとんど日本の著名人の意見はお馬鹿だね。日本の著名人たちは自らの隠し持つ箔付けの方法から、中国政府の隠し持つ箔付けを洞察できる力がないんだな。先手必勝の当然面がわからないのかね?自分自身もこっそりやっている癖して。政治家が人々から見られるイメージに縛られていることをいいことに頼って、ただ批判しているだけの奴らだったから、そんなもんかもな。日本政府の対応について、お手並み拝見的意識しかなかったお馬鹿評論家とコメンテーターばかりだったって言うことだね。腰抜けは日本政府じゃなくて、評論家やコメンテーターの安上がりな日本限定の箔付けが、今回の根本原因かもね?

大切なのは、もっと中国政府が何を見て何を計算しているか(領土拡張のような事柄ではなく、人々の反応のこと)、年金問題の時の保険庁のようなものと等しく解説し、日本の世論に中国政府への監視意識を普及共有化させ、それを中国側へそっと知らせていく方向へと持って行くように考え始めろって言うの。

あんな釈放後のピースを呆然と見ている大多数こそが、まさに腰抜けの原因だって言うのがわからないのかねぇ~。日本政府の対応だけではなくて、その大多数の反応の方も見られているちゅ~の。

日本のいじめられっ子たちは日本のいじめっ子たちにやられて疲れ果て、日本のいじめっ子はと言えば、中国政府のいじめっ子意識を読み切れない。笑える国、日本だね。

全くいじめっ子って言う奴は、周囲の様々な反応を計算していじめをするのに、他人のいじめっ子意識については洞察ができないんだな。いやはや、日本のいじめっ子とは、日本限定の共倒れを知らないお山の大将、国際状況の理解には役立たず。

弱い者いびりで著名になったみなさ~ん! その知恵で日本を助けてくださ~い!

あれ? 名前をあげないと、動いてくれないのかな?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/25(土) 23:23:22|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ふ・ふ・ふ | ホーム | 中国 土俵のせ思考>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/181-53955122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。