思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

背中を丸めるの巻

「子は親の背を見て育つ」と人は言う。しかし、猫も負けずに親の背を見て育つ。その点、吾輩も例外に漏れず、人間なんかの背中など頼りにせず、猫の背を見て育ったことになる。実際、この吾輩の暢気さは、もともとの素性余すことなく備わった結果とも言えるのではあるが、一方では代々なされてきた親の背から学んだ結果でもある。

すれば吾輩の暢気さに不服のある者、「親の顔を見てみたい」と言って異議申し立てをするは、正当なる訴えと言える。反対に生来の暢気さとして吾輩を睨み付けるは、誠に逆恨みも甚だしい。

しかし今日の吾輩から申すこと、残念ながら、もはや親の行方などは、よう知らぬ。しかも今さら吾輩の親の顔を見たとて、大した結論は多分出てこないとアドバイスしたい。いずれにせよ何の因果か、気付けばこんな猫に育ってしまった吾輩なのである。

思うこと、吾輩たちの背中とはどんなものものだろう。昼寝なんかの上手に丸められた背中を始め、危険対象を注視した緊張感あふるる丸い背中、あるいは小高きより落ちる時なんかの捻り具合に富む柔らかき背中など、身内を誉める訳ではないが、なかなかのもんである。それから、いざという緊急事態の際に必要となる瞬発力を蓄えておくためにも、一時も無駄にしちゃあならぬとばかりに、のらりくらりと歩みゆく後ろ姿なんかは、まさに親の背中から教わるところの最たるものである。

しかし背中で育つと言っても、人と猫とでは若干違っている。人の世では背筋なるものピーンと伸ばすが好みと見たが、吾輩どもはやはり、猫背の方が好みである。

いやはや人々の暮らしの中、一般的に軽蔑されている猫背であるが、されど柔道なんかにゃあ~、いなかっぺ大将の恩師ニャンコ先生からもわかる通り、柔らかき猫背から発展したものにある。また背筋を伸ばすなんて言うものなどは所詮、自分自身でも得体が知れぬ動作なのだが、お尻を突き上げては少々遠めに置かれた前足頼りに自ら伏せる、あの寝起きの際になされるものだけで充分足りるのである。

ところで世の中とは、背中を見て育つ一方、真正面からこちらへと訴えてくる、「教育」とか言うものなんかもある。その正面からの教育にたいしては、吾輩が観察するところ、人それぞれ対応が異なっていて、結果、その対応方法の是非が互いの人間たちにからんでなのか、あれこれと生徒の中でも争いが生じている。その点、吾輩たちの場合と言えば、ほとんど共通した澄まし顔で正面からの教育光線に対応するため、それが原因で起こる仲間同士の内輪揉めは、ほとんどない。

そう言えば、昔、ツッパリスタイルの「なめ猫ブーム」とやらが騒がれていたのを記憶しているが、実際の我々猫軍団の本心を言わせてもらえば、別に舐められたところで痛くも痒くもないと反論しておきたい。むしろ冷めぬまま出される出来立てのスープ方が、ずっと応える吾輩たちなのである。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/18(水) 04:31:44|
  2. 隣の猫の目
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日韓併合 それぞれの国際観 | ホーム | ない爪を隠したいの巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/158-7c139ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。