思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AKB48 白兎の使者養成

参っちゃうよな、AKB48「選抜総選挙」だってさ。

自分たちで自分たちの苦労の場を設定して頑張っちゃうという、すごい企画だ。しかもそれを「人気投票」ではなく「総選挙」の命名にしたことが素晴らしい。自分たちの設定した場以外の苦労には関心を示さず、自らの舞台上の苦労を広い世界にまで忍ばせようとする澄まし振りが特に斬新な点であろう。

さすがは裏方仕掛け人。そんな閉じこもり舞台設定なんてことは自身も承知のこと。「AKB48のどこがいいの?」の不服顔を思い浮かべつつ、状況判断する視線も何だか眩しい。それは芸能界や政界が、ずっと人々の評価に翻弄される候補者であって欲しいと願う舞台設定者側の熱い想いが込められた企画だ。きっと居座り政治評論家たちも応援してくれるかも知れない。この世とは、候補者と投票者の評価闘争の人々と、それを道具化もしくは舞台化計画する人々とに仕分けされる世界と踏んだのだろうか。そんなこっそりと促進される説明なき役割分担化の統治を目指す。それは決して口に出されることはない、大衆人数配分を狙いすました社会構造論の技なり。コーヒーカップにミルクが渦巻く中、スプーンの動きを見ているのは誰と誰?

ひょっとしたら「太田総理」とか命名して、それなりに動いてゆく時代だと狙いすませた、そんな「選抜総選挙」なのかも知れない。大衆投影のコーヒーカップは展示されても、決してスプーンが展示されることはないのだろう。しかし「選抜総選挙」の舞台化とその澄まし顔の維持とは、秘境気分の社会観に邁進した人間道具化の行き過ぎじゃないのかな?

それはもはや社会観なき文化投影ではなく、社会観を潜めた文化投影である。つまり特定小集団の囲い込み意識が、社会観を潜ませる。昔の童謡や歌謡曲は、社会観を織り込んだ文化投影だったが、今やそれも売れないと言ったところだ。

スプーンでかき混ぜているあなたの背中を映す鏡は、きっと川の流れのようだとささやいてくれるのだろう。人々の笑顔にうっかり加減と人数配分を確認しながら。

まあ、気づかない人々の煽動を起こすことで、煽動されている無知の反省に役立ててもらうことに貢献されることには、大いに賛成いたしますし、目の前にある商売繁盛をわざわざ見送る必要はないのでしよう。

いやはや、こんな批評などしていないで、実行力ある対抗文化の投影なんかを考案しなければ全く意味ないんだろうなぁ~。そう、【大衆煽動力比べ】という、誰が設定したかも知らされていない土俵の中で。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/17(土) 23:46:24|
  2. 他人事天国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小さい白兎さん 見つけた | ホーム | ~じゃないですか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gold1513.blog48.fc2.com/tb.php/129-83bbd434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。