思考の社会学 ~心理学革命~

人それぞれ、様々な個性的思考のもと、論議し生活している。我々は人々に影響を与え、影響を受け、時代が変わってきた。 そんな様々な思考が交錯することで生じる時代変化など、心理学的にまた社会学的に考察する。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本人と韓国人 ~いいとも仕分けの結果~

最近はテレビ局をめぐり、何やら韓国勢力の裏圧力なんかを勘ぐりたくなる雰囲気があるようだね。詳しいことは知らないから噂の収集ぐらいにしているけど、言ってみれば、80年代からの日本における、【国際意識なき国内の内部多様性闘争】の結果として考えれば真髄を理解できるだろうね。

1982年に始まった 「笑っていいとも」 ってね、ヘ・ヘ・ヘ、結局は【いいとも仕分け】だったってことね。昨年の蓮舫議員の事業仕分けが話題だったけど、「笑っていいとも」 も当時にしてみれば新たな仕分け作業の始まりだった訳ね。「笑ってもいいかな?」 の問いかけにたいして 「いいとも!」 って答える者は仕分けされないけれど、それ以外は仕分けられちゃう日本になったんだな、これが。問いかける奴は、ちゃんとのその社会的仕分け効果を知っていたし、答えていた奴らも仕分けられない自身のぶら下がりに喜びを感じていたような関係だった訳なんだよね。

く・く・く、そんな国内におけるイジメられっ子と自身の平穏無事の人々に仕分けることで統治し始めた奴らを監視できずに訳もわからず許容してきたから、韓国勢力らしき者の言いなりにならざる負えなくなったんだろうね、ハ・ハ・ハ。いいとも仕分けで君臨してきた日本の芸能マスコミ連中は、国内の内部競争の活性化に才能を発揮してきたが、外国勢力にたいする監視や協議の方には、まるっきし能なしだった奴らなんだよね。むしろ彼らはそういう才能のある人々を茶化して自身の箔付けに役立ててきたから仕方がないわな。

いいかい?日本人はね、国際感覚がある人々を粗末に扱う身内団結で盛り上がる民族だって言うことを自覚した方がいいよ。別に韓国勢力を排除しろって言っている訳ではないから、ちがうところへ議論を誘導しないでね。国際意識と言うか、身内団結に危険を感じながら他勢力理解が出来る人物の重要性を考え始めろって言う事ね。韓国文化の排除の日本文化主張じゃなくてねぇ~、もっと日本国内の階級化の覗き見から脱却して国際意識の充実化に向かえ、っちゅ~意味ね。

まあ~、「何言ってんの?こいつ」 的な不愉快で他者解釈しているのが、日本人に丁度いい知的自尊心かもな、く・く・く。日本人階級化に加担することで韓国文化になびく、今や保守的となった【いいとも仕分け】の発信元と言うことかもね、ようわからんけど。

おそろしや、日本人の不機嫌面の向けどころ、日本人の深刻面の向けどころ。向けどころが違っている日本人は、それだけで邪魔者にされるだろう。国際意識がない奴らがヘラヘラ笑顔で国内状況を見つめている。へ・へ・へ、韓国勢力からすれば、いいとも仕分け発信元だけを抑えればよいから、やりやすい日本人の社会構造かもね。日本人と韓国人の物の見方のちがいが、ここにあり?

あれだけオイラは 「笑っていちゃあ~駄目だよ」 って言っていたのに。全く聞こえていたくせして、あんたは自身の公表しない社会観察力でニヤけていたっけね。

それもそうだ。日本人の恐縮する場所って、すごく特殊。だから彼ら平均的日本人と恐縮どころが違うと偉そうに見えてしまうから、もう~どうしようもないね。居座り司会者もお馬鹿な観衆を味方につけては、お茶かしと話題そらしで自らの出番を確保してくださるから、改善の見込みもしばらくは無理でしょうし。

結論。日本人はそれぞれ自らに適した階級に自らを埋没させるのが運命。ただ議論のしどころと言えば、国内における自己進出のための、対立軸探しと過激さ計画が勝負どころ。全く蓮舫議員は見える仕分けで説明責任を求めたが、日本の伝統は見えない仕分け作用の狙いすまし。おそろしや、現代わが日本。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
  1. 2011/07/30(土) 22:01:18|
  2. 現代思想
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。